がん検診とは何?がん検診の重要性と検診内容

がん検診を受けよう

がん検診とは何?がん検診の重要性と検診内容

がん検診とはまだ症状のないがんを早期発見するための検査です。検査内容は胃、肺、大腸などの臓器によって異なりますがX線を使用したり、細胞診などその臓器に適した方法で行われます。

がん検診はがんを発見するのが目的ではなく、進行する前に発見し適切な治療を行うことがによって死亡率を低下させるのが目的です。そのため検診で行われる検査内容はその年代の人がかかりやすく、発見後の治療方法があるがんに限られています。

  1. TOP > 

がん検診とは

血液検査で早めのがん検診を

血液検査で早めのがん検診を

日本人の死因一位は癌だと言われています。自覚がない内に進行しているこ…

がん検診と医療費控除の適用関係

がん検診と医療費控除の適用関係

わが国では、食生活の欧米化や運動不足、過度の喫煙や飲酒などによって、生…

低迷する日本のがん検診の受診率

低迷する日本のがん検診の受診率

日本人の死亡原因の首位を占めているのはがんであり、これは昭和56年から…

がん検診の頻度と費用は

がん検診の頻度と費用は

がんは死にいたることも多く、大変怖い病気であるといったイメージを持たれ…

がん検診と種類について

がん検診と種類について

がん検診とは

がん検診と種類について

Copyright © 2015 がん検診を受けよう All rights reserved.